口臭と舌苔

口臭と舌苔の関係はとても強いです。口臭の原因の6割は舌苔が原因だと言われています。とは言え、舌苔は、全くないといいのかと言うとそうでも無いようで、適度な舌苔は神経質になることはありません。健康な人でも疲れると、舌が白っぽくなることがありますが、よく睡眠を取ったりすることで解消されます。ただ、虫歯もしくは、柔らかい物ばかりを飲むようにあまり噛まずに食べてばかりいると咀嚼力が落ち、咀嚼しないことが原因で舌苔が極端に増える場合があります。良く噛んで食べることで、舌苔ができ過ぎるのを防げます。ですから、口臭を気にする人は、よく噛んで食べることを心がけてください。あまりにも神経質になって舌苔を摂り過ぎると、舌の表面がむき出しになって良くありません。例えば、歯を磨くときに、舌もブラッシングしましょうと聞きますが、歯ブラシの横(腹)の部分を優しく当てて数回こするだけで良いそうです。間違っても、ブラシの部分でゴシゴシと舌を磨くのはやり過ぎで良くないそうです。あまり噛まずに食べている方は、舌苔が必要以上に溜まりやすい状態なので良く噛んで食べましょう。