体脂肪を燃焼させる方法

もしも脂肪を1㎏燃焼させたいならば、7000キロカロリーから9000キロカロリーを使わなければなりません。食事を7000キロカロリー少なくするか、7000キロカロリー使うような運動をするか、どちらかの方法で体脂肪を減らせるという計算になります。とはいえ、食事を減らすか運動家の、どちらかだけで体脂肪の燃焼を促進させることは大変です。体を動かして体脂肪が燃焼しやすい体質になることは、ダイエットの大前提です。それだけでなく、栄養の過不足が起きないような食事メニューにすることや、適量のカロリーを維持することも重視しましょう。イメージとしては、1か月あたりの運動量を3000キロカロリー分増やします。運動による消費カロリーをアップさせて、残りの4000kcalは食事から減らします。運動で3000kcal、食事で4000kcalのダイエット方法によって体脂肪が1㎏燃焼する計算になります。効率的に体脂肪を燃焼させるためには、習慣的に運動をすることが欠かせなくなります。毎日、200kcal分は運動によって、エネルギーを消費するような生活習慣にすることで、体脂肪の燃焼効率がアップします。ウォーキングをする場合は、1回に30分から40分、分速100メートルくらいの速さで歩くことで、だいたい200kcal分を消費できるそうです。最短30分程度の有酸素運動を行うことで、体脂肪の燃焼が始まります。ゆっくり時間をかけて運動をすることです。60%ぐらいの力で十分なので、無理せず最低でも週に2~3回は体を動かすと体脂肪が燃焼しやすくなります。