為替スワップポイントの注意すること

金利差がある二国間の通貨取引をした時にできる金利差がスワップポイントです。スワップポイントを知る時には、どういった点を踏まえるべきでしょうか。スワップポイントは、通貨の金利差によって生じるものであるということがまず重要です。つまり、通貨の金利が変わることによって、スワップポイントも変動します。日本の金利は随分と長い間ゼロからの横ばい状態ですが、ドルの金利がそれ以上に下がったら、スワップポイントは現在と正反対にドルを売って円を買った時につくようになります。金利の高い通貨を持ち続けることでスワップポイントをもらい続けようと思っても、金利差が逆転してしまったらスワップポイントが入らなくなってしまいます。スワップポイントを考える時には、レバレッジも重要な要素となります。スワップポイントは、取引に用いた金額によって計算されています。もしも1万ドルを1年持ち続けることができれば、今の金利条件ならばスワップポイントは5万円以上入るでしょう。ですが、預けたお金が少なければ高レバレッジの取引になります。順当にいけば資産を増やすことができますが、レバレッジの高い取引はリスクが高くなります。ほんの数円の値動きがあっただけで、ポジションは閉じられて多大な損が残るでしょう。数円しか余地がない中で、1年間同じドルを保有し続けることは、ほぼ無理だといっていいでしょう。損が大きくなったと感じてきたら資金をふやすという方法もありますが、レート変動は推測を越えることもあります。為替レートの変動に伴う取引の損や得のほうが、スワップポイントより膨らむことが多いようです。スワップポイントで利益を得ることを想定しているのなら、レバレッジは低い状態を維持し、資金の余剰を十分に見込んで為替取引をしてください。