乳房の仕組み

女性にとって、胸というのはとても大切なもの。女性らしい体を作り出すパーツでもありますし、子供などが生まれた場合には、母乳などを与えるために大切な部分ともなります。しかし、乳房のしくみを理解している方は少ないと思います。乳がんを知るためには、乳房のしくみを知っておくことも大切。
では、乳房のしくみについて、ご紹介しましょう。乳房は、乳腺とよばれる腺組織、脂肪組織、神経、血管などがある場所ともなります。この中の乳腺組織には、15から20に別れ、更に多数に枝分かれしています。これらの分かれた組織は腺葉、小葉と呼ばれています。そして、小葉は乳房が集まって出来ていることになります。乳がんは、乳腺を作り出している小葉の裏側の上皮細胞から出来ることになります。同じ乳がんでも、細胞によってそのがんの性格は変わってきます。大人しいがんもあれば、活発ながんもあります。それは、それぞれが持っている細胞が異なっているため。乳がんでも、「進行が早い」という方もいれば、「進行が遅い」といわれているのは、この細胞の性格がことなるためといえるでしょう。
このように、乳がんは乳腺を作り出している上皮細胞から発生するものとなります。中には、小葉の中でとどまっている非浸潤がんと呼ばれているもの、乳管内がんとよばれているもの、また外に出ている浸潤がんなどもあります。この他、乳管が開口している状態となっているパジェット病などもありますので、一言で乳がんといっても様々な種類があることになります。