月次アーカイブ: 7月 2013

水泳によるダイエットは、ダイエット効果だけでなく健康増進にもいいといいますが、長続きのコツは何でしょう。ダイエットを達成するためには、やめずに続けることが大事です。まず第一に心がけたいことは、水泳ダイエットを熱を入れてやりすぎないようにするということです。あまり激しく泳ぎすぎると脂肪を燃やすよりも筋肉を鍛えることになってしまい、がっちりした体形になってしまいます。負担がかかりすぎないように、適度な運動量で水泳を続けられるようにすることです。水泳はしたいけれど、うまく泳げないという方もいるようです。水泳が不得意でも、水中でウォーキングすることでダイエットをすることはできますので、できることをやっていきましょう。水中でのウォーキングは、水の抵抗があるぶん運動ができます。水着になって運動をすることも、水泳ダイエットのポイントです。水着姿になれば、ボディラインをどうしても目の当たりにすることになります。ダイエットのモチベーションアップにもつながるでしょう。水泳ダイエットのいいところとして、時間をかけて運動をしても汗で体がぺたぺたになる心配がないという点があります。運動をしてダイエットを成功させたいという人は、水泳ダイエットはぴったりの方法です。

リフトアップで顔を引き締めたいという方がたくさんいます。リフトアップはしたいけれど、エステや美容外科での施術を受けたいというわけではない人もいます。自宅で、リフトアップ効果のあるお手入れはできるのでしょうか。簡単に自宅でできる顔のリフトアップでおすすめの方法はマッサージをすることです。リンパ排泄マッサージや筋肉ストレッチマッサージは肌を活性化させることができるので、リフトアップにおすすめのマッサージなのです。目もとの筋肉が弱くなると、目もとがたるみやすくなるようです。目の周囲の筋肉を柔らかくすることで血の巡りも改善し、たるみや小じわの解消効果が得られます。まぶたがむくんでいた場合も、マッサージでまぶた周りの血流を促進することが、目がぱっちりとします。まぶたのマッサージケアは、自宅ならではのリフトアップです。エステなどの専門機関では、まぶたのマッサージをしてくれるところはないようです。前頭骨がずれたり、ゆるんだりすることで額のしわができるので、前頭骨をマッサージでほぐしあげることがリフトアップのためには大切なことです。額の皮膚が下がり目にもたるみが生じる原因は額にむくみが出ることなので、顔のリフトアップのポイントは額のマッサージだといえるのです。日々しっかりとリフトアップのマッサージをすることが、顔のたるみ解消につながります。